カーネーションのイメージアクセス解析をもとに、2015年母の日で人気を集めていた記事を集計してみました。

今回はモバイル対応のお引っ越しが重なってしまいましたが、記事の場所が分からなくなったりしてなかったでしょうか。すいません(汗)

ともあれ、アクセス状況はこんな感じになりました。集計期間は4月~5月の2カ月間です。

リンクをクリックすると、当ブログの該当記事へ移動します。

- スポンサーリンク -

1位 7号、8号鉢 大きな鉢サイズでインパクトのある贈り物

定番のカーネーション
 →ちょっと変わったカーネーション→カーネーション以外の花鉢
 →大きな鉢サイズのカーネーション or カーネーション以外の花鉢

こんな感じで変化してきているみたいですね。今年は、大きな鉢サイズの花鉢を覗いていく人が増えていました。

こうした変化を受けてか、大きな鉢サイズの花鉢もカーネーションにとどまらず、人気の高いアジサイにも取り扱いが登場しています。

ただ、けっこう大きくなるので、サイズ確認は要必要です(汗)

2位 希少種や新品種があるのも花鉢ならでは

今年は希少種の花鉢の取り扱いが目立つ年でもありました。特にイイハナ・ドットコムのアジサイでは、希少種の花鉢が充実していました。

日比谷花壇では、リーガースベゴニアの希少種の取り扱いが登場。

お花を専門で扱うショップの場合、やはり農家さんとのお付き合いが深いことから、普通だとなかなか手に入らない希少な花鉢を揃えることができるようです。

来年以降、どんなふうに変化していくのか動向が気になるところです。

3位 イイハナの母の日 花鉢バラのおすすめの逸品

過去記事なのですが(汗)ありがたいことに今でもアクセスが多い記事です。

カーネーション以外のお花を贈ろうと思った場合、季節のお花だとアジサイなどが人気ですが、バラの花も捨てがたい魅力があります。

特にミニバラは毎年人気で、今年も注目を集めていました。

ハート型に仕立てたものやリース型にしたてたものは毎年人気なので、気になる人は早めの検討がおすすめのフラワーギフトです。

4位 初心者のお母さんも安心 花の咲く力をじっくり育てた開花力重視のカーネーション

近年、急速に注目を集めている開花力を重視したカーネーションがじわじわと順位を上げてきました。

「お花はいらないわ」と言われるお母さんが「いらない理由」として挙げることに、「うまく育てられないと悪いから」ということがあります。

確かに、プレゼントされた側にとってプレッシャーになることがあったかもしれませんね。

というのも、カーネーションの花鉢は母の日に合わせて出荷するため、温室で大切に育てられているので、、引き続き育てるには一般家庭だと「環境的に難しい」ということがあったようです。

でも、サキーネという品種が開発されて、育て方もあえて寒い環境で育てることで、丈夫で花も咲きやすいカーネーションが登場しています。

周りの人に、つい気を使ってしまう優しいお母さんにはぴったりの花鉢です。

プレゼントする側も、「せっかくプレゼントするならお花を楽しんでもらいたい」という気持ちが強いわけですから、この注目度は当然と言えそうです。

5位 年配の方にもおすすめ 季節の花鉢

当ブログは2回目、3回目以上の母の日向けの贈り物を提案していくブログなので、その意味でもこうした記事がランクインするのはうれしいですね♪

「かわいい」イメージの贈り物は実店舗でもいろいろありますが、年配の方向けの母の日ギフトとなると選択肢がぐっと少なくなってくるので探すのも大変ですよね。

季節のお花は、そんなお年を召した方への贈り物としてぴったりのフラワーギフトです。

実はショップサイトでも、近年、「和」をテーマにしたアレンジメントやプリザーブドフラワーを充実させる傾向がでてきています。

和モダン乃イメージでプレゼントを考えている人は、あえてアレンジメントやプリザーブドフラワーを探すのもおすすめですよ。

6位 小さくても魅力いっぱい! ミニバラの花鉢の贈り物

3位にランクインしているイイハナ・ドットコムのバラの花鉢は「レンゲローズ」を使ったミニバラの贈り物を紹介していますが、2015年は日比谷花壇の大西隆コレクションなどのミニバラに注目が集まっていたようです。

小ぶりのバラの花という印象ですが、日比谷花壇の場合、オリジナルの花器が充実しているので、やはり華やか。

ベランダなどでコンパクトに楽しめるところも魅力となっているようです。

7位 ルートートのトートバッグで花色と花鉢にこだわるカーネーション

定番のカーネーションも花器や花鉢カバーにこだわれば、また違ったプレゼントにすることができますよね。

トートバッグの専門店「ル―トート」と日比谷花壇のコラボから生まれたトートバッグの形をした鉢カバーがデザインされたカーネーションの花鉢です。

こちらの商品は年々知名度が上がるにつれ注目を集めているようで、検索して探している人もいるようです。鉢カバーだけ別に使えるという点もうれしいですよね。

ここ数年続く人気シリーズなので、来年も楽しみな商品です。

8位 いろんなお花を寄せ鉢で贈る ちょっと欲張りなフラワーギフト

寄せ植えだと寄せ入れるお花や植物の相性で制限がありますが、寄せ鉢ならそれぞれのポットを寄せ入れているので、細かいことは気にせず好きなお花を組み合わせて贈ることができます。

1種類だけでなく、「いろんなお花を楽しみたい」というちょっと欲張りなフラワーギフトです。

近年はカーネーションだけでなく、ベゴニアを入れたものも登場して人気を集めています。

9位 うれしいことがあった記念に贈りたい 胡蝶蘭の花鉢の贈り物

胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉もあり、母の日の贈り物として人気のフラワーギフトの一つです。

開店祝いで贈られるような大きな胡蝶蘭ではなく、ミディタイプやマイクロタイプのコンパクトなものが登場してから、母の日ギフトでも人気を集めているようですね。

蘭は温度管理仁気を使う花鉢なので、扱いやすさは選ぶ際の重要ポイントとなります。

10位 ユニークさで勝負♪ 日比谷花壇のエプロンブーケ

10位は日比谷花壇のエプロンブーケがランクイン。今年はエプロン2種類に加え、トートバッグが2種類に増えて選択肢が広がりました。

エプロンも母の日の贈り物としては定番ですが、花束のラッピングになっているという点はユニークですよね。

しかもリバティプリントを使用した高級感のある仕上がりが注目を集めているようです。

来年もますます充実していきそうな商品で要注目です。