アジサイ花鉢5号サイズ

母の日でも人気のアジサイの花鉢ですが、どれくらいの大きさのものが届けられるかご存じですか? イイハナ・ドットコムからスタッフの方がアジサイを持っている写真を提供していただいたので、当ブログでも、早速、ご紹介します。

母の日のアジサイは、鉢サイズとしては5号鉢が多いのですが、実際に人が持つと上の写真のようになります。

ショップサイトの写真だけでは比較対象がないので、よくわからないことが多いですが、意外と大きいと感じる人もいるかもしれませんね。

写真に映っている品種は残念ながらもう取り扱いされていないものですが、大体どのアジサイもこのくらいのサイズを想像すればいいようです。

- スポンサーリンク -

長く楽しめる花を選ぶなら… アジサイが選ばれるわけ

2年目のアジサイ

上の写真は、ちょっと珍しい写真になるのではないでしょうか? 庭に植えられたアジサイです。

品種は人気の「ダンスパーティー」ですが、昨年、配送戻りで弱っているものをスタッフの方が持ち帰って庭に植えたそうで、販売後2年目の姿となります。

植えるときに何かアジサイを元気にする補助剤のようなものを与えたわけではなく、ただ、「穴を掘って埋めただけ」だそうですが、生き生きした緑色が美しいですよね。梅雨の時期になれば、またきれいな花を咲かせてくれそうです。

鉢でも水切れに気を付ければ年を越して育てることが可能ですが、場所がある人はこんなふうに植えてやれば、特に手入れも必要なく、次の年も開花を楽しむことができるのがアジサイなのです。

母の日フェアなどで、「母の日で長く楽しめるお花はなんですか?」と聞かれたとき、スタッフの方が真っ先に挙げるのは「アジサイ」なのですが、こうした育てやすさも魅力なんですね。

2014年のイイハナでは、「万華鏡」など新品種のアジサイはすでに完売してしまいましたが、毎年人気の「フェアリーアイ」、「ダンスパーティー」、そして去年人気を集めていた「未来」などはまだ取り扱いがあるので、気になる人は要チェックです。

リストマーク2016年 アジサイ最新情報はこちら

ピンクのアジサイが好きな人は要チェック、2016年イイハナのアジサイはピンク系多し

2016年日比谷花壇の母の日のアジサイはちょっと変わった種類も登場

2016年ベルーナのアジサイは、取り扱いに限定数が設定されているもの多し

ピンク~濃いピンクの色合いからアジサイを探す!セシールの母の日特集

淡いピンクの色合いからアジサイを探す!セシールの母の日特集

しっとりした印象でアジサイを贈るならやっぱりブルー!セシールの母の日特集

今年はコンパクトなアジサイを楽しんでみませんか? セシールの母の日特集